ペンは剣よりも強し。

主にOverwatchの記事を書きます。

勇者サマヤ物語 0002

 情報不足だ。

 何をするにも情報が足りない。情報を制する者は全てを制す。彼を知り己を知れば百戦殆うからず。俺は知っている名言などをテキトーな気分で脳内に並べ立てつつ、酒場へと向かった。腹が減ったので、出立前に食事を済ませておきたかったのだ。腹が減っては戦はできぬ。

 昼飯時だったので、酒場は非常に混んでいた。しかし、運命の戦士である俺には関係ない。ズカズカとカウンターに近付き、その辺の青年を殴り倒して椅子を奪う。

「キュウッッ!!」

 変な断末魔だ。

「…………、」

 俺が殴り倒した青年は、昼間から酒を飲んでいたようだ。若いのに何をしてるんだ、まったく。殴り倒して正解だったようだ。

 俺は未成年なので、まだ酒を飲むことができない。家でコッソリ飲んだことはあるが、直後に父親に見つかってボコボコにされたので、ちょっとしたトラウマになっている。それ以来、酒を見るだけで血圧が少し上がってしまう。

「お、マーちゃんじゃねえか! よく来たな! 座れ座れ!」

 俺を見つけるなり、酒場のマスターであるトウヨウが大声で言った。何を勘違いしているのかは知らないが、俺はもう椅子に座っている。

「今日、国を出るんだって!? 大変だろうが、頑張ってくれよ! 世界のためにな! ワハハハ」

 トウヨウは一体どこでその情報を仕入れたのだろうか。まだ誰にも言っていなかったはずなのだが……まあ、俺は運命の戦士なので、そのような些事は気にしない。

 

 つづく。