ペンは剣よりも強し。

主にOverwatchの記事を書きます。

勇者サマヤ物語 0019

 宿屋を出て、ナミハと合流した。やはり体調は悪そうだが、準備はきちんと済ませていたようだ。ところで、昨夜の出来事は覚えているのだろうか。いつか突っ込んでみてやろうと思う。

「スキルメソッズの連中とは、もう話したか?」

「ああ、うん。大丈夫だよ」

 よし。さっそく出発しよう。

「待って!」

 俺達が町を出ようとすると、後ろから誰かが走ってきた。声から察するに男だ。応対はナミハに任せよう。

「お前……コチ」

「知り合いか?」

「部下のヒロコチだよ。コチって呼ばれてる」

 ふーん。見た目は気弱そうな少年だな。

「ナミたん……本当に行くの?」

 えっ? ナミたんってナミハのこと?

「ああ。昨日も言ったけど、おれがいない間、スキルメソッズは任せたぞ」

 こんな子供に任せるとは、スキルメソッズは人材不足なのだろうか。と、一般人なら考えるだろう。だが運命の戦士は違う。俺は即座に、ヒロコチの実力を把握していた。コイツは俺やナミハ程ではないが、なかなかに強い。

「…………、」

 見るからに行って欲しくなさそうだが、お前の私情よりは魔王を倒すという使命の方が重要なのだ。お前は黙ってナミハの帰りを待っておけ。

「悪いな。もう決めたんだよ、コチ」

 まあ初対面の子供にここまで言える程に鬼畜なわけではないので、俺は黙っていた。

「分かった。俺、待ってるよ! ナミたん」

 この茶番、必要だったのか?

 てかお前、部下にナミたんって呼ばれてるの? それ面白いね。アットホームな盗賊団だね。俺はナミハを見て少し笑ってしまった。

 あー、ようやく出発できるよ……。クソがよぉ!!

  

 つづく。