ペンは剣よりも強し。

主にOverwatchの記事を書きます。

勇者サマヤ物語 0028

「ここです」

 これは小さなラーメン屋だ。

「ここ……なのか?」

 キュウが場所を間違っている可能性もあるので、一応、確認しておく。

「はい。ここです」

 ここらしい。店先の看板には『ラーメン処!!アソコ亭!!』と黄色の文字で書かれていた。文字から凄まじい気迫が伝わってくる。アソコってどこだよ。

「早く入りましょう!」

 お前、いつも眠そうにしてるくせに、そんな大きな声も出せるんだな。ちょっとびっくりしたぞ。

「あ、ああ」

 キュウの様子が変だ。目の色が変わっている気がした。出会ったばかりだから知らないだけで、こういう子なのだろうか。ラーメンが好きなのかも知れない。だとすると悪くない趣味だが、ラーメンは店によって当たり外れの差が大きいのが欠点。果たしてこの店のラーメンは、運命の戦士の舌に合う味かな? 期待しておこう。

「いらっしゃーい」

 店内に入ると、一人の男に出迎えられた。

「おー、キュウさん。今日も来てくれたのかい」

「こんにちは、アソコさん。えっと、サマヤさん、この人は店主のアソコさんです」

「よろしくなー」

 俺はアソコとやらに頭を下げた。綺麗に焼けた浅黒い肌が、筋骨隆々とした身体によく似合っている人物だ。腕相撲が強そうに見える。……アソコって人の名前だったのか。

「ノーマルラーメンを二つ」

 席に着くと、間髪入れずにキュウが言った。

「あいよ。そっちのニイちゃんは?」

 えっ? 二つでしょ? 俺の分も頼んでくれたんじゃないの?

「……じゃあ、ノーマルラーメンを一つ」

 俺がそう注文すると、キュウが不思議そうな目で俺を見てきた。一つでいいのか? と言われている気がする。いや、分からないから解説してもらいたいんだが。ノーマルは小さいのか? だとすると一つでは足りないな。しかし、それなら後でもう一つ頼めばいい話だし。

「…………、」

 まだ見てるよ。ちょっと怖いよ。

 この少女といると、ペースを乱されがちで、どうもやり辛い。

 負けるな、サマヤ!

 

 つづく。